conversion

本小松石墓石専門の湯河原石材株式会社

日本全国対応
日本墓石店100選認定 株式会社安震正規代理店
湯河原石材の免震・耐震
本小松石墓石
ご相談・お見積りはお気軽に 電話でのお問い合わせ:0120-941-940 メールでのお問い合わせ 受付 ご相談係
高品質、免振・耐震、産地価格、10年保証、全国対応、ローン金利0

千葉県市原市に建立した 総本小松石 高級型和型墓石(尺角) 竿(一石)五輪塔<基礎工事編>

本小松石を総てに使用した総本小松石高級型墓石・竿(一石)五輪塔が千葉県市原市の墓地に完成いたしました。<基礎工事編>

本小松石墓石 和型墓石 五輪塔 2018042903

 

皆さま、こんにちは(^-^; 真鶴原産の本小松石墓石を産地工場で熟練の職人が加工製作しております、湯河原石材㈱の二見でございます。

 

GW真っ只中ではありますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
連休中、帰省されている方も多いようですね(^-^;

 

ご家族や親戚の方が集まる連休中には、弊社へのお問合せ・ご相談も大変多くなります。

『建墓は一生に一度の大事業』ですから、ご家族の皆さまが十分に納得して建墓されることが一番大切なことです。

 

お墓を建てるということは、ほとんどの方が 初めてなので、ご心配なことやわからないことがたくさんでてきます。

 

私どもの相談窓口でも、年中無休で 本小松石でお墓を建立されるお客様のご相談をお受けしておりますので、お気軽にご利用いただければと思います。

 

日本全国各地に、多数の本小松石墓石を建立してきた、『本小松石墓石の専門家』が、親切丁寧に対応させていただいております。

 

さて、本日のブログでは、先日 千葉県市原市の墓地に完成いたしました、『本小松石墓石』の基礎工事の様子をお伝えいたします。

 

お施主様が、真鶴原産の本小松石 大トロにこだわり、ご先祖様への感謝の想いが込められた墓石です。

 

 

総本小松石高級型墓石・竿(一石)五輪塔<基礎工事編>

こちらの既存の墓石を全て解体撤去して、新しく 本小松石墓石を建立いたします。

墓石 本小松石 和型墓石 2018050302

 

古い墓石の解体工事を開始しました。
墓地周囲の外柵、石塔の撤去が完了したところです。

墓石 本小松石 和型墓石 2018050303

 

既存の古い墓石の解体工事が完了し、墓地の掘削作業を開始しました。
小型ユンボにより墓地の土を掘り出しています。

墓石 本小松石 和型墓石 2018050304

 

 

既存の古い墓石の解体・撤去工事が完了し、更地の状態になりました。

墓石 本小松石 和型墓石 2018050309

 

墓地の周囲及び、カロート(納骨室)の周囲を枠板で囲いました。

 

一般的には、納骨室(カロート)の周囲を枠板で囲わずにコンクリートを流し込む工事をしてしまう石材店も多いようです。その方が工事の手間は省けます。

 

しかし、お墓は代々受け継がれてゆくものであり、仏様が増えた場合は納めるスペースが足りなくなってしまいます。

 

カロート(納骨室)の床面が土であれば、古い仏様を土に還すことができます。

 

墓相学的にも、カロート(納骨室)の床面をコンクリート等で固めてしまうことは『断絶の相』といわれ、非常に良くないとされています。

 

カロート(納骨室)の床面は、必ず 土でなければなりません。

墓石 本小松石 和型墓石 20180510

 

基礎工事はメッシュ(鉄筋)入りベタ基礎工法による耐震設計で施工いたします。

 

墓地全面にメッシュ(鉄筋)を敷き詰めました。

 

カロート(納骨室)の左右に見える白い円柱のようなものは、スリーブです。
水はけを良くするための、水抜きの役割を果たします。

墓石 本小松石 和型墓石 20180511

 

生コンクリート(含有率210kg)を流し込んでいきます。

 

通常、墓石工事に使用される生コンクリートは含有率160kg~180kgです。

 

弊社では210kgのものを使用いたします。

 

何が違うのか?

 

『強度』が違います。

 

墓地の基礎部分は、人間の身体に例えていえば 、身体全体を支える足腰です。

 

墓地全体を支える基礎部分は、墓石工事の中で一番 重要な工事です。

 

見えなくなる部分ではありますが、長年にわたり建立し続ける墓石だからこそ
ベタ基礎工法による耐震設計で施工し、『大地震』にも耐えられるしっかりとした構造で施工しなければなりません。

墓石 本小松石 和型墓石 20180512

 

ホッパーにより、生コンクリートを流し込んでいきます。ホッパーを使用することで墓地全体に均一に生コンクリートを流し込むことができます。

墓石 本小松石 和型墓石 20180513

 

流し込んだ生コンクリートを丁寧にならしゴテを使用し、手作業により平らにしていきます。

墓石 本小松石 和型墓石 20180514

 

メッシュ(鉄筋)入りベタ基礎工法による、耐震設計での基礎工事が完了いたしました。

墓石 本小松石 和型墓石 20180515

 

本日は、既存の古い墓石の解体・撤去工事と、新規 本小松石墓石の基礎工事の様子をお伝えいたしました。

 

次回の本小松石ブログでは、外柵の工事の様子をお伝えいたします。

 

今日も一日、皆さまお元気でお過ごしくださいませ(^^)/

 

【本小松石専門】 湯河原石材㈱ 二見

 

 

 

 

本小松石の全てがわかる動画

本小松石の全てがわかる動画
工場・丁場見学
本小松石でお墓を建てたお客様の感想
都立・市営霊園のご案内
がんこ社長のひとり言
お墓の豆知識
お墓の質問広場
石材店の皆さまへ
本小松石とは
本小松石のお墓を産地直売の価格で

お墓の地震対策



真鶴本小松石

日本石材産業協会

ANSHIN

日本墓石店100選 認定証

OMOTENASHI Japan service quality
お問い合わせはこちら