conversion

本小松石墓石専門の湯河原石材株式会社

日本全国対応
日本墓石店100選認定 株式会社安震正規代理店
湯河原石材の免震・耐震
本小松石墓石
ご相談・お見積りはお気軽に 電話でのお問い合わせ:0120-941-940 メールでのお問い合わせ 受付 ご相談係
高品質、免振・耐震、産地価格、10年保証、全国対応、ローン金利0

大地震で墓石倒壊。微動たりともせず凛として 建ち続けた1基の墓石。

皆さま、こんにちは(‘_’) 本小松石の産地の自社工場で本小松石墓石をおつくりしております二見でございます。

連日の寒さが身に堪える今日この頃ですね。

身体が冷えてしまうと、腰痛、肩こり、倦怠感等々不調に悩まされている方も多いことと思います。

免疫力も下がってしまうようです。

身体を中から温めるには、やはり食べ物が大切ですね。
本小松石墓石 2017020701本小松石墓石 2017020702

本小松石墓石 2017020703本小松石墓石 2017020704

特にショウガは身体を温める食材№1とのこと。

漢方薬の7割以上には、ショウガが入っているというから、まさに冷え性の救世主!(^^)!です。

毎日 体を温める食材を食しているからなのか・・・

お蔭様で、風邪もひかず 元気に飛び回っています(笑)

それから、やっぱり温泉!

湯上り後も身体の芯からポッカポッカです!

本小松石が採掘されるこの地では、すぐ近くに温泉が湧き出ています。

特にこの時期は、遠方からも温泉に入るために多くの人が訪れます。

本小松石墓石 2017020705

日帰り温泉も大人気です!(^^)!

本小松石墓石 2017020706

今は、梅の宴も開催されていますよ!

冷えた身体が芯から温まり、日頃の疲れを癒して、リフレッシュ!

本小松石の産地を見学しながら、是非 温泉に入りにいらしてください。

ご案内いたします!(^^)!

下記をポッチと押して、お電話・メールでご連絡をくださいませ。

https://yugawarasekizai.com/kengaku/

 

さて本日は、6年前に発生した東日本大震災の際の、墓石のお話をお伝えしたいと思います。

2011年3月11日、東北地方 太平洋沖とそれに伴い、発生した巨大津波、およびその後の余震ににより引き起こされた大規模な地震。

多くの方々の尊い命が犠牲となり、大切な家族や友人を失い、今もな深い悲しみの中にいらっしゃる方々が大勢います。

47万人の方々が家を失い、現在でも9万人の方が仮設住宅での生活を余儀なくされています。

1日も早く、元の生活を送れる日が訪れてくれることを願うばかりです。

震災から、1週間ほどしたある日。

弊社に一本の電話が入りました。

弊社で 茨城県に本小松石墓石を建立されたお客様からでした。

周りのお墓はほとんど倒れちゃったり、傾いているのに、うちのお墓だけは何ともなく、しっかり建っていて驚きましたよ!

しっかした 工事をしてくれていたから、微動たりともせずに 建ってくれているんですね。本当にありがとうございました。

震災の被害により、ご自分の身の周りのことだけでも大変だった時に、わざわざお電話を頂き、私どもは、本当に有難く 感謝の想いでいっぱいでした。

こちらのお施主様のお寺の墓地は、もともと地盤は弱いところでした。

ですから、被害も大変大きかったのです。

墓石は、震度4でも倒壊すると言われています。

なぜだと思われますか?

お墓は重たい石を積み上げたもので、地震の揺れにはとても弱い構造だからです。

石を積み上げて、その周囲だけに目地を施す。

現在でもこのような工事をしている石材店もあるようです。

このような場合は、石塔の竿を手で押すだけでも動きます。

地震の揺れに耐えられるわけがありません。

また、大切なご家族が、その真下のカロート(納骨室)で眠っているにもかかわらず、墓石の真ん中をくり抜いて、鉄の棒を上から下に向かって挿すような施工をしている墓石工事をする場合もあるようです。

墓相学上も非常に悪い施工法だと言われています。

現在では、墓石用の耐震ボンドを石と石の接着面に使用するところが多いようですが、地盤の弱い墓地や大地震の揺れには耐えられないことが、多くの実験により証明されています。

弊社では、石と石の間の接着面に 特殊な免震ゲルを施工し、その後 免震用の特殊な施工をいたします。

震度7の地震にも対応する『墓石免震工法』を採用しています。

阪神淡路大震災クラスの揺れを再現し、何度も何度も実験が繰り返され、立証された技術であります。

㈱安震様よりこの墓石免震工法の特殊技術の提供を受けています。

(弊社は㈱安震の正規代理店です。職人全員が㈱安震の技術を修得しています)

この墓石免震工法の技術は、日本はもちろんのこと、アメリカ・イギリスの3か国で特許を取得している最新技術を駆使した工法であります。

 

実験の様子はこちらをご覧くださいませ。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=15&v=EuGp-XK7nFo

そして㈱安震については、こちらを

http://www.anshinsystem.com/

墓地を人間の体に例えると

墓石の部分が上半身。

そして下半身は基礎の部分だと考えてください。

上半身である墓石部分は、上記のように最新技術を駆使した『墓石免震工法』で震度7の地震にも対応する万全な施工をいたします。

では、下半身である基礎部分はどのように施工してあるのか?

 

メッシュ(鉄筋入り)を施し、ベタ基礎工法でしっかりと施工します。

本小松石墓石 2017020713

さらに、弊社で使用する生コンはコンクリート含有率210㎏です。

通常、墓石工事で使用されるのは160㎏。

強度には、たいへん大きな差がでます。

本小松石墓石 2017020711

墓石全体を支える基礎部分は、一番重要な工事です。

だからこそ、鉄筋、生コンクリート他 使用する全ての材質に、最高品質の物だけを使用し、施工法にもこだわります

本小松石墓石 2017020712

弊社で建立した墓石で、地震により倒壊したり、傾いてしまった墓石は1基もありません。

ベタ基礎工法による耐震設計による基礎工事

墓石は、最新技術を駆使した墓石免震工法を採用

弊社では、基礎部分・墓石部分に この両方をWで施工することにより万全の地震対策で本小松石墓石をおつくりいたします。

 

お墓は、大切なご先祖様が、眠る安住の地です。

 

大きな地震から、大切なご先祖様をお守りする。

いつまでも末永く 安心いただけるお墓をおつくりする。

私どもの使命でございます。

熟練した職人だけが、お客様お一人おひとりのために、完全オーダーメイドで心を込めて本小松石墓石をおつくりいたします

今日も一日、皆様にとって幸多い一日でありますように(^^)/

本小松石墓石専門 湯河原石材㈱ 二見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本小松石の全てがわかる動画

本小松石の全てがわかる動画
工場・丁場見学
本小松石でお墓を建てたお客様の感想
都立・市営霊園のご案内
がんこ社長のひとり言
お墓の豆知識
お墓の質問広場
石材店の皆さまへ
本小松石とは
本小松石のお墓を産地直売の価格で

お墓の地震対策



真鶴本小松石

日本石材産業協会

ANSHIN

日本墓石店100選 認定証

OMOTENASHI Japan service quality
お問い合わせはこちら