conversion

本小松石墓石専門の湯河原石材株式会社

日本全国対応
日本墓石店100選認定 株式会社安震正規代理店
湯河原石材の免震・耐震
本小松石墓石
ご相談・お見積りはお気軽に 電話でのお問い合わせ:0120-941-940 メールでのお問い合わせ 受付 ご相談係
高品質、免振・耐震、産地価格、10年保証、全国対応、ローン金利0

聖徳太子とお彼岸 お彼岸特集第3回

皆様おはようございます(^◇^)

先日に引き続きお彼岸特集の第3回目です!

本日は聖徳太子とお彼岸についてお伝えいたします(‘_’)

「今昔物語」巻第11にある

「聖徳太子、天王寺(大阪・四天王寺)を建てる物語」に

「天王寺」の西門に、聖徳太子はみずから

<釈迦如来転法輪所、当極楽土東門中心=ここは

お釈迦様が説法されるところ、極楽浄土の東門の中心にあたるところ>」と

お書きになりました。

そこで天皇、公家、お坊さん、民衆にいたるまで

さまざまな人々が西門で阿弥陀様の念仏を唱え

今日まで絶えることがなく、お参りしない人はいないとあります。

こうした言い伝えがあるので聖徳太子の頃には

「お彼岸」があった!というのです。

桓武天皇もすでに四天王寺へ801年の春彼岸にご臨幸されました。

余談 ^^) _旦~~ ですが、聖徳太子は日本の紙幣に一番多く採用されて

いるそうです。100円札を皮切りに1万円札までなんと7回も・・・(´・ω・`)

さすがです!聖徳太子様(^^)/

 

 

 

 

本小松石の全てがわかる動画

本小松石の全てがわかる動画
工場・丁場見学
本小松石でお墓を建てたお客様の感想
都立・市営霊園のご案内
がんこ社長のひとり言
お墓の豆知識
お墓の質問広場
石材店の皆さまへ
本小松石とは
本小松石のお墓を産地直売の価格で

お墓の地震対策



真鶴本小松石

日本石材産業協会

ANSHIN

日本墓石店100選 認定証

OMOTENASHI Japan service quality
お問い合わせはこちら